2014年 10月 05日
寄り道ノマド -実りの秋‐ ご報告
d0011404_0555435.jpg

ご報告遅くなりましたが、9/20-21「寄り道ノマド」無事に終了いたしました。
お越しいただいたたくさんのお客さま、
心ときめく作品を展開してくださった作家の皆さま、
イベントを支えてくださったスタッフの皆さま、
楽しい2日間をどうもありがとうございました!

当日の様子を、すこしですがご紹介。

d0011404_0545381.jpg
実りの秋、食欲の秋ということで、
大きなテーブルには、お菓子、器、コースターやカップなど、
ところ狭しと食まわりのアイテムが並びました。

店内のいたるところに”芸術の秋”も。

d0011404_0534893.jpg
d0011404_0524121.jpg

今回のDMの原画を描いてくれた”まこっちゃん”こと白野真琴さんの作品たち。
やわらかく、あたたかく、溶け合うように空間に馴染んでいました。

d0011404_050167.jpg
d0011404_0542030.jpg
d0011404_23523911.jpg



寄り道ノマドではすっかりおなじみとなったomiちゃんのお菓子たち。
今回はドリンクも登場しました。

d0011404_23482330.jpg
d0011404_23483889.jpg



自然石の姿形をそのままに、繊細で力強いジュエリーに仕立てるKIKY。
既製品のパーツを使わずに、ひとつひとつ鉱物に合わせて施された貴金属部には、
職人さんの手仕事の跡がしっかりと見てとれます。
”同業者”ですというお客様が、これはすばらしい仕事だと、
食い入るように見ていたのが印象的でした。

d0011404_23515015.jpg
d0011404_2351776.jpg



イギリス在住のバイヤーが現地で選びぬいたコスチュームジュエリーを中心に、
アンティークの小物などを提供するオンラインショップgolightly。
美人バイヤーさんも帰国中でした。
さりげなくヴィンテージものを取り入れたおしゃれって本当にかっこいい!
手に取るお客さんも、センス良しのおしゃれさんばかりで、
ついついジロジロ見つめてしまいました。

d0011404_0411376.jpg
d0011404_0404139.jpg


golightly×peker chiseのアンティークカップキャンドルたち。
すごく楽しい仕事をさせていただきました。感謝感謝です!

d0011404_0421973.jpg


d0011404_044116.jpg



昨年のNOMADIC CIRCUS vol.3で、
リアルちょうちょのアクセサリーをみせてくれたFuzppa。今回は秋仕様。
アンティークビーズなどを織り交ぜた手編みシリーズを中心に展開してくれました。

d0011404_0481094.jpg

中でもすごかったのが、レース編みでできたプラントホルダー。
yuzurihaみなちゃんの陶器"minamoto"のプランター専用に作られています。
d0011404_0483138.jpg

ハンドクラフトならではの絶妙な形状の器をふんわり受け止めた繊細なつくり。
繊細すぎるホルダーを合わせることで、
危うさが魅力でもあるminamotoの愛らしさが倍増!

d0011404_051580.jpg
d0011404_0512477.jpg
もちろん、minamoto単体の多肉さんたちも相変わらずほっこり愛らしいものばかりでした。


とにかくリピート率が高いMIDORIKABAN。
MIDORIKABANをお目当てでいらしたお客さまは、
たいていMIDORIKABANを持ってやってきます。
でもね、すごくわかります。その気持ち。
わたしも3つ持っています!

d0011404_049139.jpg

今回は無理を言ってリビングトート的なものをつくってきてもらいました。
写真左下のマスタードとライトグレーの袋ものがそれ。
リビングで散らばるリモコンとか、気がついたら溜まっているDMやら書類など、
デスク上で、良く使うペンや文具なんかをざっくり入れて。
そんなつもりでリクエストしたのですが、
意外にもクラッチバックとして外で持つのに良さそう!
洗うとイイ感じに皺がでるようで、それまたとっても楽しみ。



d0011404_0465824.jpg

今回お初で参加いただいた西脇陽子さんの布小物。
妹チセの仕事仲間さんというご縁です。
ナチュラルだけど可愛すぎないところがツボ!
紅茶染めのリネンが渋く、いい味です。




d0011404_0453792.jpg

前回に引き続き、nakahara家具工房さんのカッティングボードも人気でした。
7月に工房見学をさせていただき、
デザインのこと、工具のこと、木材のこと、いろいろとお話をお聞きしました。
カッティングボードに使われている材は、家具製作などの端材が使われています。
もともと家具をつくるために仕入れられた質の良い材。
中には、貴重な材が含まれていることもあるようです。
家具と同じく、自分の手で育てていくのが楽しくなるカッティングボードです。



そして、今回の寄り道ノマドをサポートしてくれた、チーム“ニコツキ”の皆さま。
“ニコツキ”オーナー牧島亜由美さんは陶芸家でもあります。
インパクト大のデカ取手カップは、もはやマグカップの域を越えてアート!
カップとしてはもちろん、花を生けても素敵な作品です。

d0011404_04902.jpg



女性木作家さんならではの温かさを持つサノ アイさんの木小物たち。
まるでタルト型のようなお盆や、小鳥さんの茶さじなど、
思わず微笑んでしまうあったかい作品ばかりでした。

d0011404_0442390.jpg



まるで宝石のようなキラキラの果実をたっぷり使ったJ’aime…のジャム。
手作業でしっかりつくられた革小物も一緒に並びました。
ジャムと革小物、まったく異なる仕事のようですが、
ふんわりガーリーな見た目と反して職人気質な彼女の生み出すものには、
安定した彼女の“味”がしっかり表れていました。

d0011404_0443887.jpg



こちらも前回に引き続きのご紹介、johansen。
スウェーデン・エーランド島の有機ハーブソルトが大人気でした。
すでにリピート買いの方や、2個買いの方も。
我が家でもかかせない愛用品!

d0011404_0522295.jpg



以上、寄り道ノマド–実りの秋–、大盛況のうちに終了いたしました。
作り手さんから使い手さんに渡った品々、
新しいご主人の元でたくさん愛されますように!
[PR]

by miomio0208 | 2014-10-05 20:37 | work|活動 | Comments(2)
Commented by fujisaki at 2014-10-10 08:30 x
雑誌を見てこちらのイベントのことを知りました。
とてもステキです。魅力的な商品がぎゅっと凝縮され
展示してある感じ。アンティークカップのキャンドルですが
キャンドル使用後は普通のカップとして利用できるのでしょうか?
またコチラの商品は次回のイベントのときにも販売されるのでしょうか。
Commented by miomio0208 at 2014-10-10 11:39
fujisakiさま

コメントありがとうございます。
関心を寄せていただいて嬉しいです!
NOMADIC CIRCUSは年に1~2度、きまぐれに開催している展示会です。
参加いただく作家さんは、毎回テーマに合わせて選出させていただいているため、
今回の作家さんが次回ご参加となるかどうかは未定なのです。
大抵いつも、常連作家さんと初めましての作家さんの半々くらいの構成になっています。
アンティークカップのキャンドルについてですが、
こちらはgolightlyさんの商品に蜜蝋を入れさせていただいたものでして、販売等はgolightlyさんとなっています。
こちらではキャンドルのことについて以外分かりかねますので、
カップについてや販売情報などは、golightlyさんへ直接お尋ねしてみてください。
http://www.golightly-aa.com/

蜜蝋を流し入れるためカップをお預かりしたのですが、どれも本当に素敵でしたよ♡
つくりながら火を灯したい衝動にかられて大変でした!



<< スパイスキャロットケーキ      寄り道ノマド -実りの秋‐ サ... >>