2017年 06月 12日
「PLUS 1 Living No99 summer2017」掲載 
d0011404_23164956.jpg

発売中の「PLUS1 Living No.99 summer2017
巻頭特集「シンプルで居心地がいい 新しいインテリアのルール」にて、
自宅を掲載いただきました。
表紙にもベッドルームの壁のカットを使っていただいています。
(下段は別のご家族です)

素敵すぎる持ち家のみなさんに混ざって、
なんてことない賃貸マンションの我が家ですが、
持ち家じゃなくたって、リノベーションしたりしてなくたって、
もの選びや配置の工夫で ”シンプルで居心地がいいインテリア” の事例として、
お楽しみいただけたら嬉しいです。


d0011404_231915.jpg

d0011404_23194250.jpg

d0011404_2324030.jpg



いつかはマイホーム! の夢広がる、見応えたっぷりの号です。是非!
[PR]

by miomio0208 | 2017-06-12 18:34 | media | 掲載 | Comments(3)
Commented by Hiro at 2017-09-11 14:23 x
こんにちは。
いつも楽しく拝見してます。
我が家も賃貸なのですが、、賃貸故に壁に穴を開けるのがためらわれ壁に装飾出来ないでおります。
大内さんは 写真やプレートを壁に飾られたり、和室の木製の梁(!?)も後付けでしょうか。素敵に飾られてますが賃貸故に気をつけてらっしゃることや 穴等を目立たせずに装飾する方法や道具がもしありましたら是非教えて頂きたいです。 どうぞお願い致します。
Commented by miomio0208 at 2017-09-19 22:57
Hiroさま
コメントありがとうございます。お返事大変遅くなってしまい申し訳ありません。
壁に穴問題、賃貸組にとっては本当に悩ましい問題ですよね! でも、じつは裏技があるのです!!

ピンを刺したい部分の壁に思い切ってカッターでV字で切り込みをいれてみてください。下からそっとV字部分をめくると下地が出てくるので、そこにピンや釘を刺します。
めくったV字の部分はそのまま折り上げたままにしておいてくださいね。
退去時やフレームなどを外した後は、ピンを抜き、めくりあげていたV字の壁紙にのりをつけて元に戻すと全く見えなくなります。
万が一、壁紙が破けてなくなってしまったり、誤って釘穴をあけてしまった場合は、クローゼットの中の隅や幅木(壁の下に高さ7〜8cmのぐるりと張ってあるもの)をそっとめくり上げて1cm角くらい拝借してしまって大丈夫です。(←本当はダメですけどね 汗)
わたしは大昔に補修屋さんのバイトやリフォーム会社に勤務していたこともありクロス貼りの経験があるのですが、
クロスの継ぎ部分や一部補修では似たような技法を使って補修していました。(もちろんプロはもっときちんとした技術を使います)
賃貸に使われることの多い凸凹のある壁紙ならだいたい使える小ワザだと思いますよ。試してみてくださいね!

ちなみに、我が家は天井含め躯体の壁はコンクリに壁紙が直張りのため、全くピンが刺さりません。天井から下げているモビールなどに関しては、天付けの引掛けシーリングについているハンガー部と間仕切り壁の目立たない(天井の際など)にテグスを張って吊っています。
そのような理由で、じつは躯体部分の壁には何もかけていないのです!
Commented by miomio0208 at 2017-09-19 23:20
補足。
和室の長押(”なげし”といいます)は、本来は構造体なのですが、マンションについているものは付長押といってただの飾りです。これは上がくぼんでいてハンガーなどを掛けられるようになっているので、厚みのないものなら、そこに立てかけたり、Sフックなどをかけたり、くぼみの見えないところなどにピンを刺したりして利用しています。
和室の木部の釘穴などは、木パテ(ホームセンターなどに売ってます)で埋めれば結構目立たなくなりますよ!

あとは壁紙の話に戻りますが、普通のピン(画鋲)よりも穴が目立たない忍者ピンというのも使えます。
ただし、賃貸に多い凸凹の多い壁紙には有効ですが、わりとフラットな(塗装壁のようなマットな質感の壁紙など)にはあまり意味がないように思われます。
我が家は賃貸なのですが、分譲マンションを賃貸で借りているのでオーナーさんがところどころ好みでフラットな壁紙を使っています。その部分は先ほどのV字カットも避けています。


<< TARUBITWUの手仕事展 ...      TARUBITWUの手仕事展 ... >>