2009年 12月 19日
三鷹バル


d0011404_19504285.jpg


家族のように気兼ねない友に誘われ少し早めの忘年会。
三鷹バルへ。
先週も閉店間際におじゃましてしまって申し訳ない!
ついつい長居してしまうのは、美味しいお酒と料理のせいです。
居心地がいいんだよねー

苺のサングリアも美味しかったけど、
無花果のサングリア、また飲みたいな。
ごちそうさまでした。
[PR]

# by miomio0208 | 2009-12-19 01:16 | diary|徒然日記 | Comments(0)
2009年 12月 17日
HAPPY
33歳おめでとう。
はやく風邪直してね。

d0011404_19545739.jpg
[PR]

# by miomio0208 | 2009-12-17 21:47 | diary|徒然日記 | Comments(0)
2009年 12月 14日
記念日
ふわっとあまく、空気にとけこんでしまいそうな淡い淡い色の花たちがやってきました。
朝、まだベッドの中でぐずぐずしているところに届いた大きな箱。
箱を開けたら名前を見なくても誰からの贈り物かすぐにわかります。
私たちをいつもいい香りで包んでくれる素敵な友。

「結婚1周年おめでとう」

ありがとう。
またひとつ、じわっと愛が増えました。
大好き。


d0011404_19553954.jpg


1年前の今日、公園内の小さなレストランでwedding partyを開きました。
入籍から1年以上経って、スペイン旅行中に挙げた2人きりでの結婚式。
もう今さらお披露目なんて・・と、
今思うと、なぜそんなことでウジウジと迷ったりしていたのか。
長い間見守ってくれていた家族や大切な友人にきちんとお礼をする機会もなく、
ただ時間だけが過ぎていってしまっていた。
さんざん迷ったけれど、やって良かった。本当に良かった。
1年経って、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
私たちには結婚記念日がたくさんある。
入籍記念日と挙式記念日と結婚パーティー記念日。
じわじわと夫婦になっていった私たち。

時を重ねるごとに、さらに色濃くなるように、
今夜はお祝いをしよう。
[PR]

# by miomio0208 | 2009-12-14 18:53 | thanks|お礼 | Comments(0)
2007年 12月 18日
ブーケ
いろいろ参考にさせていただく。どれもこれも素敵すぎ。
d0011404_1693417.jpg

d0011404_1695084.jpg

d0011404_1610438.jpg
[PR]

# by miomio0208 | 2007-12-18 23:23 | wedding|ふたり | Comments(0)
2007年 12月 15日
ドレス


d0011404_23415379.jpg


着たいドレスのイメージが絞り込めない。
シンプルでナチュラルなものがいい。
でも、アンティークドレスでクラシカルな雰囲気も捨てがたい。
憧れはオードリーヘップバーンのようなイメージ。


d0011404_2339745.jpgd0011404_23394762.jpg


結局何が着たいのか・・
まずはイメージに合うショップ探しから。
オーダーで作るのなら憧れのショップで・・
※写真左はGrey'sのドレス、右はオードリーの最初の結婚式の時の。

最初に出会ったドレスはDRESSTERIA本店にて。
コンセプトがオードリーのようなマリエだそうで、
レペットに合わせるスタイルが中心なんだとか。イメージにぴったり!
デザイナー岡野隆司さんの「FOR」というブランドのもの。
奥様はコサージュブランド「la fleur」の岡野奈尾美さん。
最後の最後まで決定を迷ったのがFORのドレス。


d0011404_18281616.jpg


下見で1回、試着で2回と計3回も通いました。
しかし何度着てもサイズがあまりにも合わなすぎ。
多少のお直しはできるとのことだったけど、普通のお洋服同様の丈つめ程度。
何ヶ月も先の挙式に合わせて今お直しするのはどうなのか・・
体型に合わせてシルエットの微調整などができないのもやっぱりな・・
ウェディング専門のドレスショップと異なるのはそのあたりのサービス。
そこまで含めての価格だと思うしね。
結局、このドレスをベースにフルオーダーすることに決める。
そうと決まったらさてどこで作るか?

Keita Maruyama
昔、モデルの田辺あゆみさんがコレクションで着ていた桜の花びらが幾層にも重なってできたドレスが今でも心に残っていてずっと憧れのドレス。
さらに2007秋新作だった白地にダリアのエンパイアドレスも理想的!
これは!と思いショップへ出向くがオーダーは100万円〜との返事。さすがにムリ。

Grey's
職場のお隣のドレスショップ。ノーブルな雰囲気漂うお店もとっても好み。
芸能人のドレスも多く手がけられているようで、こちらもオーダーは60万円くらいから。やっぱり予算オーバー。
2014.8月 追記:トワルクチュール(セミオーダー)は30万円〜可能だそう!

Croque en Bouche
憧れのドレスショップ。今回のイメージとは少し違ったので見送り。
でも、ここでドレスつくるの夢だったなー

Siesta
自由学園で挙式を検討していた時に出会ったドレスショップ。
お花・メイク・ドレスと総合的にプロデュースしてくれるようでまとまりがあって素敵。でも今回は見送りで。サイトは参考にさせて頂くためよくのぞいていました。

1+1
白金にあるマンションの一室で素敵なコレクションをいっぱい見せて頂きました。
袖付きドレスや2wayドレスなど個性的で遊びのあるデザインがいっぱい。

studio953
青山にひっそり佇む人気のアトリエ。とろけてしまいそうな着心地と流れるような洗練されたラインが最高に幸せな気分にさせてくれる魔法のドレス。
私はとっても気に入ったんだけど、主人と義理母があまりお好きではない様子で見送り。

アンティークドレスも何着か試着。
ドリアングレイスタジオ マリオネット
ここは以前の勤め先の憧れの先輩から教えてもらったショップ。
ヨーロッパでの挙式だし、持ち運びを考えると、
軽くて皺が気にならない総レースも候補。
ランジェリーのような繊細で華奢なドレス。
どれもため息がでるほど美しい!!
けれど残念ながら私が着ると本当に下着みたい・・


そして最終決定は・・
自由が丘にあるドレスショップchica hanashima。
雑誌に載っていたドレスが良い雰囲気で、家も近いということもあって
気になっていたドレスショップです。
元々スタイリストをされていたデザイナーのハナシマさん。
ドレステリアで出会ったドレス試着写真を何度も見て頂いて、
素材はコットンかリネンで切りっぱなしの裾、純白は嫌!と熱弁。
やはりシルクの純白が主流の中、
オーガニックコットンや無漂白のオフホワイトにこだわるのは珍しいらしく、
面白いと言ってどんどん楽しいアイディアを提案してくださいました。
この方ならきっと、私の頭の中のものをぐっっと引き出して形にしてくれる。
やっと信頼できる素敵なデザイナーさんに出会い、こちらでフルオーダーを決めました。
[PR]

# by miomio0208 | 2007-12-15 15:07 | wedding|ふたり | Comments(5)
2007年 11月 18日
運命のマノロ
もう何年も前に雑誌で見かけてずっと思い続けていた靴。
もちろん当時は到底手が出せる値段でもなく・・
頭から離れないこの靴を
「マノロ」「コサージュ」「サンダル」「白」のキーワードで
探して探して探し回った末、
スペイン在住の女性から譲っていただけることに!
発売当初に購入してパーティーで一度しか脚を通していないという。
サイズもぴったり。
私にとってはシンデレラの靴。

d0011404_23541070.jpg

[PR]

# by miomio0208 | 2007-11-18 23:54 | wedding|ふたり | Comments(0)
2007年 11月 17日
試着三昧



d0011404_1627314.jpgd0011404_16275476.jpg




d0011404_1628214.jpgd0011404_16284179.jpg




d0011404_1629367.jpg
[PR]

# by miomio0208 | 2007-11-17 22:53 | wedding|ふたり | Comments(0)
2005年 11月 14日
エコール・ド松代
信州・松代で見つけた素敵な空間


d0011404_23113058.jpg
d0011404_2326490.jpg
d0011404_23274663.jpg

[PR]

# by miomio0208 | 2005-11-14 23:28 | art|芸術 | Comments(0)
2005年 03月 25日
住む
d0011404_23591475.jpg


住む(inhabit)とは、日々を過ごすこと。
日々を過ごすこととは、習慣(habit)を生きること。

詩人・長田弘さんの言葉だそう
習慣は自然の如し。
意識的だった事柄が、無意識に反応するようになったとき
はじめて習慣になり得るのなら
日々過ごすことを意識して暮らしたい
そう思った
[PR]

# by miomio0208 | 2005-03-25 17:49 | life|暮らし
2004年 11月 22日
ベネッセハウス
d0011404_2351918.jpg

ボラスタッフの寮は元三菱マテリアル社宅の長屋。
月曜日は銭湯がお休みなので、
バスで約30分かけてベネッセハウスまでお風呂をかりにいく。

直島には2つの大きな企業が事業を展開していて町の財政を潤しているという。
ひとつが三菱マテリアル。もうひとつがベネッセ。
北側に位置する三菱マテリアルの製錬所では東洋一の量の金を生産!(驚き)
教育のイメージが強かったベネッセは、南側の海岸沿いに直島文化村としてリゾートを展開。
島全体で「ベネッセアートサイト直島」としてアート活動が行われている。
古い民家を修復保存して作家が家ごと作品にしてしまう「家プロジェクト」、
西沢立衛による空間「本村ラウンジ&アーカイブ」などなど。

ベネッセハウスは、「自然・建築・アート・歴史の共生」をテーマに
安藤忠雄によって設計された美術館とホテルが共存する施設。
ホテルサイドには宿泊者しか入れないため、
残念ながら今回はその全貌を観ることはできずなんとも消化不良・・
弧を描く打放しの壁にスロープが巡り、トップライトから射し込む光が、
時間と共に刻々と変化する円形ギャラリー。
ここは中でも一番印象深かかった!
静けさ漂う感動的な空間でした。

最後に真っ暗闇のなか体験した野外作品、蔡國強の「文化大混浴」。
天然プラネタリウム独り占めでの貸切露天風呂にご満悦のしめくくり。
[PR]

# by miomio0208 | 2004-11-22 00:00 | art|芸術