2011年 06月 20日
雨の日とともに
d0011404_1111992.jpg

“花を楽しむ会”でいただく谷匡子さんの言葉が添えられた花便り。
さらさらっと流れる涼しげな谷さんの筆跡、
これを見るとなんだかほっとするのです。

自然の恵みをかみしめながら、普通に生活することが
とても幸せだということに気づく・・
この一文で、心がフワッと広がっていくのを感じました。

瑞々しく生命力に満ちた花の姿は、
雨の季節の喜びを全身で表しているかのようです。

この日、那須の畑からやってきたお花たち
ギボウシ、ヒューケラ、スモークツリー、アステルベ、
マメグンバイナズナ、ヤグルマソウ、ムシトリナデシコ、
ナワシロイチゴ、ムラサキツユクサ、コトネアスター、
オルラヤ、イボタ、フイリピラカンサス、フロックス、
翌日満開になったサラサウツギ。

小さな身体をぎゅっと跳ね起こして、
ねえ、見て!
と、今にも語りかけてきそうな眼差しに
思わずドキッとしてしまいました。

by miomio0208 | 2011-06-20 11:07 | life|暮らし | Comments(2)
Commented by CIMQ at 2011-06-23 00:29 x
昨日、私も教室に参加してきました…
那須の花が満載で…
綺麗ですね!
今が一番お花が豊富ですと…
谷先生も 仰っていました!
皆さんのを、見ているだけでも…うっとりします…

谷先生から…頂きました、ありがとうございます。
また、変身して素敵になった様子を見に来て下さい…
お待ちしています…
Commented by miomio0208 at 2011-06-24 11:10
CINQさん
火曜日のお稽古もとっても気になります。
今度、ぜひお話し聞かせてください!
例のもの、使えるかどうかわかりませんが、
もしお役に立てるようならご活用いただければ嬉しいです。





<< かわいい来客      元気のもと >>